FC2ブログ

危うく

日記
04 /03 2017
面会に行きしばらくすると病室に若い方の師長がツカツカとやってきた。

昨日の夕方母がベッドで宙づりになっていてちょっとした騒ぎになったと言う。
4つの柵の1つが外れそこから足が滑り落ち抑制帯で引っかかった状態になり胸部をかなり強く圧迫したのだそうだ。
顔面蒼白でぐったりしていてそのまま気づかなかったら危うかったと言う。
母のベッドは一番奥でカーテンもあり通路からは足元くらいしか見えず吸引も必要ないので様子を確認することも少ないのだろう。
できる限りのことはするが行動が全く予想できないのでまさかのこともあるかもしれないという言い方をする。
どうやら手袋のまま柵を持ち上げて外すなんてことは考えられないらしい。
それにしてもそんな状況にあっても声を上げることもできなくなっているのか。
これは困ったことだ。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています