FC2ブログ

胃ろうにする

日記
01 /24 2017
あれこれ考えた結果、母の胃ろう造設に同意することにした。

胃ろうにしてパーキンソンの治療を投薬で続けることにしたのだ。
胃や腸を使うのは5か月ぶりなのでうまくいくかわからないと言われたけど。
母は相変わらず落ち着きがなくベッド柵にしがみついたり何かに向かって手を振ったりしている。
それでも話しかけると反応するようになり会話もどきが多くなっている。
もちろん答えは全く的外れだし怒ったり笑ったり勝手なことを言っている。
院長の言う元気というのは納得できないままだが何の反応もなくうつろなままでいるよりは人間らしいと思う。
師長と胃ろうにした後の母の行先を話していると思わぬ言葉が聞こえてきた。
転院することはないですよ。まだここにいられますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています