FC2ブログ

台風一過

日記
07 /13 2014
台風は夜中にこのあたりを通過すると言ってたが、朝起きると雨が激しく降った様子も何事もなく過ぎて行ったようだった。

前日の夜、母は一大事とばかりに普段でも4~5回はする家中の施錠の確認を、さらに倍に増やす勢いでぐるぐると歩き回っていた。
それでなくても足元がおぼつかないのに階段を上がったり下りたりしてへとへとになっている。
貴重品が入っている(1万円くらい)というバッグを枕元に置き深夜まで心配で眠れなかったようだ。

「窓が割れたらどうするの?」「水が入ってきたらどうするの?」と
私に何回か確認に来た。
ここで大丈夫だよと答えると
「あんたは世の中のことを知らないからそんなことを言うんだ」なんてことになるから当たり障りのないように答える。
さらに「お父さんが死ななかったらこんなことにはならなかったのに」といつもの決まり文句を言う。
いやいや、まだ何も起こっていませんから。ははは。

案の定、翌日母は一度起きたものの妹を送り出す前にまた布団に入り眠ってしまった。
そんなこんなで食事に起こす以外は寝たきりの1日を過ごしてしまった
災害やら大変なことが起きると必ず我が身にも起こると思い込んでしまうのは、被害妄想の一種なのだろうか。

ともかく大変お疲れ様でございました。
我が家の台風はあなただったんだわ。あ~疲れた。
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村 ←よろしかったらこちらへ

uncha

認知症の母を見守りながら生きています