FC2ブログ

事件です

日記
12 /02 2016
病院に行くと母の病室のドアが閉められている。

何事?とそぉ~っとのぞいてみると閉められたカーテンから母の生足が出ている。
しばらくしていつぞやの若い医師とダメダメ~の看護師が喋りながら出てきた。
看護師が私に気付きグローブを外して20分ほど離れたすきに母が点滴の管を引き抜いてしまったと説明する。
首にタオルを巻いていたのにとか何度か見に来ていたのにとか言うのだがそもそもその危険があるから母はグローブをしているのだし外したら私が見ていても何度も手を持っていくのだから1分あればやるよね。
さらに母にまでびっくりしましたよ~なんて言うのだからこっちがびっくり。
大変だったねと言うとすっかり疲れた顔で「怒ってるんやろ」と母。
あ~あ。点滴のやり直しや着替えまでしてその上怒られちゃったんだろうな。
窓の外がすっかり暗くなったのでそろそろ帰るよと言うと「ありがとうね」「気を付けてね」「何かあったら連絡するからね」と母。
ひぇ~母がありがとうって言うなんて。これはやっぱり事件です。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています