FC2ブログ

カステラ事件

日記
11 /10 2016
母が自宅にいた頃の話。

ある日、買い物から帰ってきたら玄関でオロオロしながら母が待っていた。
おなかがすいたから冷凍庫に入っていたカステラを食べた。
よく見たら賞味期限を3カ月過ぎていたのでびっくりしてカステラの会社に電話したら冷蔵だろうと冷凍だろうと賞味期限に変わりはないと言われたと言う。
私もすっかり忘れていたカステラで冷凍庫の中からよく見つけたなと驚いた。
しかも1切れではなく3切れほど食べたらしい。
カチンコチンじゃなかったの?何か変じゃなかったの?と聞いてみたら
「おいしかったんよ」「変じゃなかった」
「わたし、死ぬんやろか」としおしおのぱーの母。
どうなることかと気をもんだが何事もなく翌日には母はすっかり忘れていた。
今となっては笑い話だが母の食い意地は大したもんだとほとほとあきれた。
たった1年前くらいの話なのだが電話もできていたし結構しっかりしていたのになと進行の速さに改めて驚愕する。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています