FC2ブログ

揺れに揺れる

日記
09 /12 2016
母の面会に行くと看護師がやってきてアイスクリームの許可が出たと言う。

早速病院から小さな小さなカップアイスを出してもらった。
看護師が見守る中で食べることになったが口に物を入れるのが久々の母。
始めこそ何が起こっているんだと恐る恐るの母だったが半分くらいは食べることができた。
何度かごほごほとせき込むので誤嚥があるのだろうがそれでもしっかり呑み込めていますと看護師が言う。
だからと言って食事が再開されるわけではないらしい。
母はカテーテルで十分な栄養がとれているのだからわざわざ介助までして食べさせることはしないそうだ。
それはこれから先例えば施設に入っても同じこと。
できれば在宅で座位をとったり口から少しでも食べたりができたら機能回復は期待できます。
ショートステイを利用しながら在宅看護はできないでしょうか。
その看護師は熱意を持ってそう言った。
そうだよね。そうなんだろうな。わかっているよと1度入所を決めた心が揺れに揺れる。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています