FC2ブログ

一人の留守番

日記
06 /04 2016
銀行に行ってくるよ、30分くらいで帰るからと母に言う。

相変わらず一人になることは嫌、出かけるのも嫌と勝手なことばかり言っている。
銀行から直帰するつもりだったがついでに買い物もと寄り道して帰ると母が玄関に立っていた。
最近玄関で待っているパターンが増えている。
しばらくするとピンポ~ンとチャイムが鳴った。
水道工事のオジサンがやってきて5分ほど水道が止まりますので…先ほどおばあちゃんにお話ししたんですけど…と言う。
人が訪ねてきても出るなと言っているのに出ちゃったのね。
水道が止まるって聞いた?と言うと「さあ知らないよ」と真顔の母。
しかも家電の留守ボタンがピカピカしている。
車いすの点検業者からのメッセージが残っていた。
私が出かけるとやれ人が訪ねてきたのでお金を立て替えただの電話がかかってきただのと言うのに本当にあったときは何の対応もしてないし記憶にもないらしい。
工事のオジサンもなんとなく察してくれたから再度訪ねてくれたのだろう。
一人の留守番は短時間でももう無理なのだろうか。
参ったね。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています