FC2ブログ

また言われる

日記
03 /27 2016
今日は朝から歌謡曲三昧の日。

10時ごろ母はやっと起きてきてゆっくりの朝食を済ませるといつものソファでTVを見ている。
歌謡曲に付き合っていられないので私は隣の部屋でちがう番組を見ている。
ところがじっと座っていることができずすぐに立ち上がって窓のカギをガチャガチャしたりうろうろしている母。
しばらくすると私のところにきて毎回同じことを言う。
「通帳はどこにあるの?」「ちゃんと管理できている?」
ほらきた。
そんなに心配ならずっと身につけてたらいいんじゃないのと言ったらどうも地雷を踏んでしまったらしい。
「そうするわ!」「ほかの人に頼む」と母。
私のことは大嫌いだ。こんな生活はもう嫌だ。死にたい。もう疲れた…と猛攻撃が始まる。
また言われた。
丸ごとお返ししたい言葉の連続。
そんなに嫌なら出ていくけどお世話する人がいないと困るでしょ。
施設に行く?お母さんのお金全部使えばそこそこの所に行けるよ。
母は目をつぶり眉間に深いしわを寄せ不快をあらわにしている。
本当にそうしてもらいたいと心から思った。
感謝の気持ち一つない人の世話など誰がしたいものか。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています