FC2ブログ

拒否

日記
03 /26 2014
母の異常が確信となり父に話すことにした。
物忘れも同じ話の繰り返しもどうもおかしいから受診させたいと相談した。

父は受診はさせないと言った。
もし入院でもしたら妹の世話は誰がするんだ。
この家はどうなる。
「しっかりしろ」と少し強く言えばいいんだ。
だから受診なんてさせないとすごい剣幕で言った。

知り合いの奥さんが施設に入所してしまい帰ってこないと聞いていたようだ。

唖然としてしまったが、父は言い出したら聞く耳を持たず
私は「居候」の身でもあり、強く言い出すこともできず
母の受診は半年ほど後になってしまった。

uncha

認知症の母を見守りながら生きています