FC2ブログ

三文の徳

日記
01 /13 2016
一度も起きることなく目覚めた朝、母に起きるよう声をかける。

寝室のドアは開け閉めしたらわかるように微妙にずらして閉めてあるので私が気がつかなかったのではなくその夜は母は部屋を出ていないようだ。
余程熟睡していたのだろうか。トイレにも行ってない。
嫌な顔をする母を何度も声掛けしてデイサービスに送り出した。
デイサービスからの帰宅時、送ってきた相談員が様子を伝えてくれた。
午前中は入浴後仮眠し昼食はほぼ全量食べたもののまた仮眠していたと。
お帰り近くでとてもお元気になられて…と笑いをこらえながら話している。
母はエンジンがかかるのが遅い。
自宅でも夕方ごろからはっきりすることは毎度のこと。
前夜どんなによく睡眠がとれていてもだめなのね。
朝型の父に毎日たたき起こされてしぶしぶ起きていた母。
その寝起きの悪さに呆れた父が母方の祖父に文句を言ったと聞いたことがある。
すると祖父がもう嫁にやったのだからそっちで何とかしてくれと言ったそうだ。
これは生まれ持った才能なのか。
早起きは三文の徳。
欲深い母の耳元でぶつぶつつぶやいてみる。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています