FC2ブログ

会話の材料

日記
09 /18 2015
母を送ってきたデイサービスの職員から昼間の様子の報告があった。

「娘が困っているかもしれないから電話を貸してほしい」
「疲れているから休ませてほしい」などなど普段とは様子が違っていたそうだ。
母には前日に今度の連休に妹が帰ってくると話したばかりだ。
前日の夜中も妹がいないと大きな声で探していたからあまり眠れていなかったのかも。
その声で私も目が覚めたが落ち着いたのが分かったので起きなかった。
話の内容があまり理解できていないのはわかっていたけどいつとかどこでというのは本当にわからなくなっている。
母にもう一度妹が帰宅する日と私が迎えに行くからその日はデイサービスに行っててと説明してすぐにいつ帰ってくるんだっけと聞いてみた。
「わかんない」と即答する母。
本当にわからないの?考えるのが面倒なんじゃないの?と疑いたくもなるが理詰めで話すと怒られていると思うようだ。
妹の帰りを楽しみにしているだろうと思っての予告だったがもう無理。
母との会話の材料がまたなくなってしまいそうだ。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています