FC2ブログ

母のものさし

日記
06 /06 2015
突然「お向かいのおばあさん亡くなったのかしら」と母。

「最近全く見かけないから何かあったんじゃないか」とさらに言う。
お向かいは二世帯住宅で1階に母と同世代のおばあさん、2階に息子さんが住んでいる。
もちろんお向かいさんはお元気でカートを押しながら買い物に行く姿をちょいちょい見かける。
母の方が週に2度デイサービスに行くくらいしか外出しないのだから言われるとしたら母の方なんじゃないのと思う。
何かにつけ母の考え方は自分本位だ。
知り合いを病気にしたり事故にあったことにするのは日常茶飯事だしそれも会うはずもない人から聞いたと言う。
ほとんどが母の妄想から来ていることだが思い込んだら修正が効かないから厄介だ。
父がいなくなって見なくなったプロ野球。
地元の球団が絶好調だというのでちょっとTV観戦していたら「あら、野球ってまだやってたの」と母。
「見たことないからもうやめたのかと思ってた」
「高校野球はもうずいぶん前に無くなったんだよね」とダメ押し。
母のものさしは相当曲がりくねっている。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Rankingこちらへも

uncha

認知症の母を見守りながら生きています