FC2ブログ

必死の歯磨き

日記
05 /08 2015
娘に臭いとはっきり言われた母は帰宅するや否や歯磨きを始めた。

さすがにショックだったのだろうか。
その後私のところに来てイ~っとして「どう?」と歯を見せた。
子供じゃないんだからそういうのどうなんだろ。
そして「臭いと周りの人に迷惑だよね」と言った。
そうだよその通り。あったりまえ。やっと気づいたか。
父のいとこさんは若い頃美容学校の講師をしていて身綺麗な人だが「年寄りは汚いと嫌われる」が口癖だ。
96歳になる今でも足腰がしっかりしているだけでなく頭も明瞭。
顔はそれなりだが少し香水をつけていて汚いのキの字もない。
母はあまり好きな人ではないようだが私は年寄りのお手本だと思っている。
幸いにもあの母の部屋の臭いはかなり和らいでいるが消えてはいない。
これはなかなか手強いかも。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Rankingこちらへも

uncha

認知症の母を見守りながら生きています