fc2ブログ

楽しげな日

日記
11 /11 2016
面会に行くと母は眠っていたが声掛けするとすぐに目を覚ました。

発熱の頻度は少なくなっているがそれでも2,3日おきに氷枕をしている。
熱がある日の母はほとんど目も開けず口もきかない。
熱がなくても覚醒しているとは限らずぼ~っとしていることも多い。
ところが今日の母は絶好調なのか口数が多く表情もいい。
残念なのは何を言っているのかなかなかわかってやれないところだ。
「てるおさんがな…」「言わないかんのやけど…」と母。
心当たりのない名前にてるおさんってだれ?と聞くと
「あっ、ちがうか…」と母。
まだ自分の言っていることが間違っているのかなくらいの判断能力があるのだろうか。
それからの母はくすくすと笑いだしたり突然「ばーか」と言ってみたりなんだか楽しそうだった。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

カステラ事件

日記
11 /10 2016
母が自宅にいた頃の話。

ある日、買い物から帰ってきたら玄関でオロオロしながら母が待っていた。
おなかがすいたから冷凍庫に入っていたカステラを食べた。
よく見たら賞味期限を3カ月過ぎていたのでびっくりしてカステラの会社に電話したら冷蔵だろうと冷凍だろうと賞味期限に変わりはないと言われたと言う。
私もすっかり忘れていたカステラで冷凍庫の中からよく見つけたなと驚いた。
しかも1切れではなく3切れほど食べたらしい。
カチンコチンじゃなかったの?何か変じゃなかったの?と聞いてみたら
「おいしかったんよ」「変じゃなかった」
「わたし、死ぬんやろか」としおしおのぱーの母。
どうなることかと気をもんだが何事もなく翌日には母はすっかり忘れていた。
今となっては笑い話だが母の食い意地は大したもんだとほとほとあきれた。
たった1年前くらいの話なのだが電話もできていたし結構しっかりしていたのになと進行の速さに改めて驚愕する。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

食い意地

日記
11 /09 2016
母が入院してもうすぐ3カ月になる。

静脈カテーテルになってから食事は一切摂っておらずかなり瘦せたがげっそりという感じではない。
先月見舞いに来てくれた叔父夫婦も思ったより良かったと言っていた。
叔母なんか「おねえさん、しわ一つないわぁ」と感心していた。
面会に行くとちょうど入浴で移動するところだったのでお風呂に入るよと言うと「えっ。おそばたべるの?」と母。
飲み込みができず誤嚥もあるからと中止された食事だが母にはまだ食べるという言葉がわかっているのか。
ならば言葉だけでなく食べる行為もわかるんじゃないかと思うがここは病院。
私の思いだけではどうにもならない。
面会中にも「おなかすいたわ」とか「ごはんたべるの?」と言うことがある。
もうすぐ出してくれるよと言うと納得するのか忘れるのかそれ以上は言わない。
娘のことはほとんど忘れているようだけど食い意地だけはしっかり残っている。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています