fc2ブログ

ヘアスタイル

日記
06 /18 2016
珍しいことに母が拒否せずデイサービスに行ってくれた。

わからなくなるのか拒否がなくなると言う話はよく聞くがそういうことなら大歓迎だ。
一人留守番ができなくなった今、母がいない時間は本当に貴重。
アレルギーの病院に行かなくてはならないが何よりもぼさぼさの頭を何とかしたかった。
行きつけの美容院は少し距離があるので買物まで手が回らないかもと思いいつも母を連れて行く近くの美容院に行くことにした。
私がカットをしてもらうのは初めてだが母はかれこれ30年通っているそうだ。
先代からのお客様なんですよと女店主が言う。
へ~とかほ~とか言ううちにカットは進み気づくと母とそう違わないヘアスタイルに。
それでなくても顔立ちが似ていると言われるのになんということだ。
次々と訪れるお客さんも白髪や杖をつく人が多く私にはちょっと早すぎたかも。
あ~しばらくは母と同じような風貌なんだなと思うとあんなに出かけたかった気持ちはなくなりさっさと家に帰ろうと急ぎ足になった。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

Xデー

日記
06 /17 2016
あんなによく食べていた母の食欲が落ちている。

デイサービスでも半分食べればいい方で時には1/10なんてこともある。
そのせいか体重が減りズボンが緩くなりベルトが必要になった。
ところがベルトの止め方も外し方も母はイマイチわからない。
これではトイレの時に間に合わなかったら一大事とゆるゆるズボンのままデイサービスに行かせた。
トイレの作法もますます混乱していてまず場所がわからないところから始まりトイレの座り方から使ったペーパーの処分法、さらには水を流す所まで声掛けしなければならない。
うっかりしていると汚れたペーパーをあちこちに隠すように置かれるので目が離せない。
母は失禁は1度もないがこれでも排泄は自立していると言えるのだろうか。
家の中をうろうろしながらドアやクローゼットを開ける母。
Xデーはすぐそこかもしれない。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

家族は難しい

日記
06 /16 2016
「早く洗濯物を取り込んで!」と母が急に言い出す。

時刻はまだ午後1時過ぎ。
梅雨の合間とはいえ湿度が高く乾きが悪い。
まだ乾いてないよと言うが「考え方が違う」と不機嫌なままだ。
わかったわかったと洗濯物を取り込んで母にわからないように2階のベランダに干しなおした。
ガラガラガラ~と母は雨戸まで閉め始めている。
まだ1時過ぎだよと言うと「夜中でしょ」と真顔の母。
え~っ外明るいじゃない、真昼だよと言うと「えっそうなの」と母。
母の時計が狂い始めたのは今更ではないが日が高くても夜中だと思うのは理解に苦しむ。
2時3時にパジャマに着替えようとしたり夕食を用意すると「こんな時間に食べるのか」と言ったり。
もうまだらの域は超え99.9%ボケている。
それでもほんのわずかな希望をもって接するべきか。
家族とは難しいものだ。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

棒読み

日記
06 /15 2016
居間のソファのレイアウトをL字型から対面型に変えた。

エアコンの風が当たり母が座っているところが寒いと言うからだ。
今まで母とは少し距離を取って並ぶように座っていたが今度は向かい合わせだ。
なんとなくじ~っと見られているような気がしていたら
「一度ちゃんと話がしたい」「お金の事とかこれからの事とか」と母。
もちろん初めてではない。
少し前までは1週間に1回くらいだったが最近は2,3日に1回くらいこんな話になる。
ひどいときは真夜中に「ちょっと来て」と呼び出され「ちゃんと話がしたい」と言い出す。
何度も話したじゃない、なんてことを言うと「あんたはすぐに逃げる」とか「取り合ってくれない」と怒り出す。
そして「こんなことなら死んだほうがいいわ!!」と言い出すのが鉄板となっているのでそーだねー、だいじょーぶだよーと全くの棒読みで答える。
真剣に何時間話そうとも5分もすれば母の記憶はなくなる。
いったいいつまで繰り返されるのか。
極力向かい側に座るのはやめよう。そうしよう。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

2年前の記録

日記
06 /12 2016
「すぐに忘れるから何か書くものちょうだい」と母。

以前から母が使っている備忘録ノートがあるのでそれを渡した。
デイサービスに行く日と妹が帰ってくる日を書いているがその字は弱々しく曜日の漢字も書けない。
そのノートの1ページ目には平成26年とありすでに闇に葬られた私を含む家族全員の誕生日が母の文字で書かれている。
それを見たとたん母のアンテナがピ~ンと反応する。
「これはお金の振り込みのことだわ」と母。
誕生日だよね、ほらお母さんのもあるよと言うと一旦納得したようだがまた振り込みの言葉が出てくる。
ほかのページには日々の予定がちょこちょこと書いてあるだけだが電話番号が口座番号に思えたり母の妄想は膨らみ続ける。
「これは大変ことだ」「人に渡ったらどうするの」と母。
結局1時間ほど母はノートをにらみ続け寝室まで持っていった。
ノートにある母の記録は筆跡もしっかりしていてわかりやすいのに2年たった今の母には何がなんだかわからない。
夜中、母がトイレに起きたすきにノートを回収したら母の記憶も闇に消えた。
たった2年のことなのに母は確実に転げ落ちている。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

動物園のゾウ

日記
06 /11 2016
長寿を誇っていたゾウのはなこさんが天寿を全うしたそうだ。

時間がたった今でも献花をする人が絶えないそうだが後釜のゾウは決まっていないらしい。
輸入に関する規定が厳しくなったとか巨体を管理する費用が膨大であることとか諸々の理由があると聞く。
動物園で一生を過ごすのだから研究材料として役に立つだけでなく充実した生活を送れなければならないと専門家が語っていた。
元気に過ごしてあ~楽しかったと思える毎日を用意してやらないといけないんですよ。
ゾウに、だよ。
それって私が抱える母の毎日に似ているなと思ったらおかしくなった。
ゾウの飼育と繋がるとはね。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

収穫

日記
06 /08 2016
夕方から母の好きな歌謡番組が3時間もある。

ところが集中力がないのか1時間ほど過ぎた頃からそわそわうろうろが始まった。
「あんなきれいな洋服はないわ~」「一人で行くのは嫌だな~」「一緒に行ってくれない?」と母。
何を言っているのかと聞くとまたまたTVの中で自分も歌うのだと思い込んでいる。
TVには入れないよと画面に軽く体当たりしたり歌手じゃないからとか言ってみるが理屈では母を納得させることはできない。
「あんた断ってくれない?」と何度も言う母。
何をどう説明しても無駄だと思いもう寝ようかとTVを消してパジャマに着替えたらやっと落ち着いた。
そっか。パジャマだとどこにも行かないとわかるのか。
言葉でわからなければパフォーマンスで示してやればいいのか。
ちょっとした収穫かも。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

お菓子の箱

日記
06 /05 2016
今日からデイサービスも訪問も何の予定もない3日間が始まる。

朝から母は「今日はどうするの?」とうるさく聞くので何もないから好きにしてよと言う。
平日なら決まったTV番組があるのでなんとなく過ごせるのだが休日は時間が長くて持て余す。
昼食を食べてしばらくすると「さあ、もう寝るわね」と母。
え~~~~!?と大げさに驚いて窓の外を指さしまだ日中だと言うと「そうなの?」と母。
大体2時ごろから4時ごろまで何度も同じ繰り返し。
これから夕飯の支度をするよと言うと「もういらんわ~」と母は必ずといっていいほど言うがそんなこと忘れるのか夕食は必ず食べる。
夕食後にテーブルを拭きながら孫にティシュの箱を渡し「これ食べるか?あんた好きやろ」と母。
なんのこっちゃとうろたえる孫。
それはティッシュの箱だよと言うと「違うよ。おいしいのが入っているんだよ」と母。
ますます何も言えずに固まる孫に母はぎゅうぎゅうと箱を押し付けようとしている。
ティッシュでしょ!!と強く言うとやっと「ああ、あれ?おいしいのが入っていたのにおかしいな」と母。
まったく私がおかしくなりそうな一日だった。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

一人の留守番

日記
06 /04 2016
銀行に行ってくるよ、30分くらいで帰るからと母に言う。

相変わらず一人になることは嫌、出かけるのも嫌と勝手なことばかり言っている。
銀行から直帰するつもりだったがついでに買い物もと寄り道して帰ると母が玄関に立っていた。
最近玄関で待っているパターンが増えている。
しばらくするとピンポ~ンとチャイムが鳴った。
水道工事のオジサンがやってきて5分ほど水道が止まりますので…先ほどおばあちゃんにお話ししたんですけど…と言う。
人が訪ねてきても出るなと言っているのに出ちゃったのね。
水道が止まるって聞いた?と言うと「さあ知らないよ」と真顔の母。
しかも家電の留守ボタンがピカピカしている。
車いすの点検業者からのメッセージが残っていた。
私が出かけるとやれ人が訪ねてきたのでお金を立て替えただの電話がかかってきただのと言うのに本当にあったときは何の対応もしてないし記憶にもないらしい。
工事のオジサンもなんとなく察してくれたから再度訪ねてくれたのだろう。
一人の留守番は短時間でももう無理なのだろうか。
参ったね。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

月初めの儀式

日記
06 /03 2016
月が変わったので恒例の銀行参り。

母名義の全部の通帳に記帳して下した生活費とともに母に確認してもらう。
お金が無くなった盗られたと疑う母に納得してもらうためだが通帳を見たこともすぐに忘れてしまうので見た日付を書いてもらうことにしている。
昨日見たのに「もうしばらく見たこともない」と言うので始めたのだが書いたとて忘れることに変わりはない。
いわば私が見せましたよと確証を取っているだけの事。
ところが今日はへいせいが書けない。
教えても考え込むだけでペンが進まない。
仕方ないので日付は私が書き署名だけしてもらった。
名前も戸籍上の旧字体の漢字では書けなくなってしまいひらがながやっと。
介護保険の契約書も最近は私が代筆してしまうことがあるが重要なものはそうはいかないだろう。
公文書偽造。
代筆するのも限界がある。
お金はなくなっていないでしょと確認すると「ようわからんわ」と母。
まったく私の気持など何もわかっちゃいない。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています