fc2ブログ

ひとつにして

日記
09 /19 2015
母の混乱はずっと続いている。

夜中の1時過ぎに「家の税金は払ったの?」とか「あと何人の人がうちに来てお風呂に入るの?」とか言いに来る。
税金の話はともかく「お風呂に入る」はデイサービスに行くと聞いたことが誤変換をしているのだろう。
何を考えているの?とじっくり聞いてみるが「いろいろなことが頭にある」のだそうだ。
それが変なつながり方をしているみたい。
発端は私が妹を迎えに行くからその間デイサービスに行っててとふたつの話をしたこと。
「何かよくわからんから話はひとつにして」と母。
そうなのか。ひとつなら混乱しないのか。
しばらくそのやり方でようすをみることにする。
朝になって母に今日はデイサービスに行くんだよと言い妹を迎えに行くことは言わなかった。
「私の方が先に帰るの?」と母。
なんだ。ちゃんと覚えているじゃん。
お母さんはデイサービスに行ってお風呂とお食事をするんだよと妹の話には触れなかった。
お風呂とお食事??やべっふたつじゃん。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

会話の材料

日記
09 /18 2015
母を送ってきたデイサービスの職員から昼間の様子の報告があった。

「娘が困っているかもしれないから電話を貸してほしい」
「疲れているから休ませてほしい」などなど普段とは様子が違っていたそうだ。
母には前日に今度の連休に妹が帰ってくると話したばかりだ。
前日の夜中も妹がいないと大きな声で探していたからあまり眠れていなかったのかも。
その声で私も目が覚めたが落ち着いたのが分かったので起きなかった。
話の内容があまり理解できていないのはわかっていたけどいつとかどこでというのは本当にわからなくなっている。
母にもう一度妹が帰宅する日と私が迎えに行くからその日はデイサービスに行っててと説明してすぐにいつ帰ってくるんだっけと聞いてみた。
「わかんない」と即答する母。
本当にわからないの?考えるのが面倒なんじゃないの?と疑いたくもなるが理詰めで話すと怒られていると思うようだ。
妹の帰りを楽しみにしているだろうと思っての予告だったがもう無理。
母との会話の材料がまたなくなってしまいそうだ。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

介護職になる

日記
09 /16 2015
もう50歳になろうとしている時、私はいきなりリストラされた。

契約社員だったが親会社は超大手だから65歳まで働けると思っていた。
30社くらい受けたが20年以上の事務職の経験はどこの会社でも不要とされ結局介護職の道に進んだ。
何とかなると思って始めたが甘くはなかった。
倒れる人もいれば吐く人もいる。
真夏の入浴介助はうだるし真冬は湯冷めのようになる。
排泄の介助は言うまでもない。
どこかの施設の職員がキタネエナ、ババアと罵っていたが人間はナマモノなのだ。
高齢者だろうと若者だろうと生あったかくて汚い部分があるのだ。
これほど気持ちが伴わなければできない仕事はないと思う。
仕事がないとかやむにやまれずという気持ちで介護職を選ぶとしたらそんな仕事なのだと覚悟が必要。
だけど気持ちが通えば感謝してくれる。
いろいろな仕事をしたけどきっと一番たくさんありがとうをもらった。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

扇風機壊れる

日記
09 /14 2015
扇風機を回したらはじめにカラカラカラ…と音がする。

回ると音はしなくなるけど停止するとカランカランカラ…ンと。
分解してみると羽根を固定しているネジの内側のカバーが一部破損していてそのかけらが羽根にあたっていたらしい。
よくぞ羽根が外れなかったもんだ。
かなり涼しくなってきた今日この頃。
扇風機を買いたいんだけどと言ってみると「なんぼするん」と母。
この場に及んでもお金の事が1番気になるらしい。
あっても売れ残りだからたいしたことないよと言っておく。
長雨で除湿機を買いたいと思っていたのでついでに見に行くか。
除湿機は既に1台あるのだがめっちゃ重くて2階に持っていくのが大変。
母に打診すると「1台あるじゃない」と言うがあの重さを知らないのだろうか。
大手家電屋さんに行き扇風機1台と除湿機1台お買い上げ~。
除湿機は母には内緒。
その内にまるでもともとあったようなことにする。
このくらいのご褒美は頂いてもいいはず。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

間違っている

日記
09 /13 2015
ある若い男に「あなたは間違っている」と言われた。

3日前のこと。
30代のその男は社会的地位が高く頭もいいのだろう。
確かに世の中には正解と不正解があるのだろうが
教科書で調べたら私は間違っているのだろうが
それでも人間には生きてきた過程がある。
私の生きてきた道を何にも知らないくせにと異常に腹が立った。
ずっとそのことが頭にあったからか晩御飯のご飯を炊くのを忘れた。
あと20年ほど生きて挫折や苦悩を味わったらあの男も間違っているなんて言葉を吐かなくなるだろうか。
人の気持ちがわからない人はきっと躓くはず。
躓いてくれないと困る。

危機管理ゼロ

日記
09 /12 2015
朝、ドスンという感じの地震に驚いて飛び起きた。震度は4。

すぐに母の部屋に行って何度もゆすって起こしたが「う~う~」と言うだけで目が開かない。
揺れは大きかった割に時間が短かったので結局母は起きなかった。
この人…地震があっても起きないんだ。
目が覚めて地震があったことを言っても「へ~そうなの」と母には自覚なし。
TVでは大雨の被害の映像が流れているが何度見ても「なにがあったの?」と初めて見るようなことを言う。
泥棒とか身近なことにはいちいちうるさいのに地震とか大雨とかそんな大きな事は大して気にならないらしい。
今起こっていることはわかるのだけどきっと母の思考能力では想定することができなくなっているのかも。
危機管理能力はゼロ。
身に迫る危機から母は逃れられそうにない。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

知的レベル↓

日記
09 /08 2015
母が髪を切りたいと言うので久しぶりに外出した。

前回待っている間に「まだ~まだ~」とぐずぐずで参ったが今回も1時間待ち。
今日もまた「まだ~まだ~」が始まり「店員の数が少ない」と文句だらだら。
耳の聞こえが悪いからか声が大きくてしかも平気で指さしたりする
常識が無くなったと言うより知的レベルダウンかも。
順番が来てフェイシャルマッサージまで施された母はご満悦。
その後昼食ついでにスーパーで買い物。
トイレに行くと言うが以前鍵を開けられなくなって往生したところ。
かぎの開閉を何度も確認して入ったがなかなか出てこない。
大丈夫?と声をかけると「なんだか変だよ」と中から言う母。
かぎを開けてもらい覗いてみると便座に座っている母。
「水が出ないんだよ」と言うが母はまだパンツをおろして座っている状態。
もう終わったのならパンツを上げてね。
水はここを押すと出るからね。
と言うと母はパンツだけあげズボンは膝のあたりにおろしたまま出てきた。
幸いトイレに人はいなかったからよかったがいったいどうなってんだ。
これも知的レベルダウンなのだろうか。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

ボケとおバカ

日記
09 /06 2015
朝の5時頃だった。

母の寝室からカタコトと音がしてその後が~っと雨戸が開いた。
母が起きたなと思ったが気づかないふりをしていたら私のところにやってきた。
どうするのかなと思っていたら大きな声で「今日はどうなるの?」と母。
あ~びっくりしたぁぁとわざと大げさに驚いてやった。
起きるべき時間がわからないのはボケているのだから仕方ないが寝ている人に大きな声を出すのは常識がないつまりおバカさんのすること。
今日は日曜日だよ~と言うと「あ~じゃあ予定はないんだね」と母。
寝室に戻っていったが今度はTVから砂嵐のようなザ~っという大きな音。
また《地上A》ボタンを押している。
そのボタンは使えないから押すなと何回言ったらわかるのか。
「使えないボタンが何であるの」と半切れの母。
そういうことは電機メーカ-に言ってくれ。
よくぞ文句を探してくるもんだ。
イライラしている内にすっかり目が覚め洗濯を始めることにした。
母は?
何事もなかったようにすっかり眠っている。
もう10時。
ば~か。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

差し出す手

日記
09 /04 2015
今日はデイサービス利用日なので7時ごろに母を起こす。

寝室を覗いてあらびっくり!
いきなり天井に向かって手を差し出す母。
恐る恐るデイサービスに行くから起きて~と声をかけると「今日はデイサービスには行かん」と母。
「これからお葬式をするんでしょう」と言うので誰の?と聞いてみた。
「お父さんの。お姉さんに香典のお礼の電話をするし」と母。
父は2年前に亡くなっているしお姉さんからの香典は辞退したよと答えたが何より無表情と言うか魂の抜けたような表情が怖かった。
夢なのか。妄想なのか。
昨夜も何回か起きてうろうろしていたから寝不足なのかも。
もう5日間入浴していないから今日はどうしてもデイサービスに行ってもらわないと。
気にしていないフリをして淡々と準備をしていると次第に正気な顔つきになってきた母。
デイサービスの不満をグチグチと言いながらも出かけてくれた。
あの夢か妄想かの話をしても何も覚えていないらしい。
母は眠ったまま手を差し出していたのだろうか。
あれでは脳は休めない。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

完どうしよう

日記
09 /03 2015
出かけるには出かけたがやっぱり気になって2時間半ほどで帰宅した。

母はいつものようにソファに座っていたが本当に頭が回っていないような顔をしていた。
大丈夫だった?と聞くと「大丈夫じゃない。気分が悪い。」と母。
混乱した様子はなかったがほとんど動いてなかったかも。
気を使ったつもりで早く帰ってきたのにそんなことには何にも気づかない。
母は私がいつもの買い物にでも行っていたのだと思っているらしい。
何か飲むかと聞いてもいらん。
何か食べるかと聞いてもいらん。
なんだろうね。このやるせない気持ち。
介護は我慢、忍耐だよ。
もう絶対に母を置いて出かけるのはやめよう。
自分が疲れるだけだ。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ

FC2 Blog Ranking

uncha

認知症の母を見守りながら生きています