fc2ブログ

ぼけろ~

日記
08 /14 2014
「ねぇ、ねぇ」と1階から母の大きな声がする。
「これ食べていいの?」と手に450g入りのヨーグルトを持っている。
母の処方された薬の中にカルシウム制限があるのでヨーグルト禁にしていた。
ちょっとね、薬と合わないのよといつものようにやんわりと言ったつもりだがスイッチが入ってしまった。
「便秘がひどくて気分が悪いのにどうしてダメなの」
「前はこれを食べていてすごく調子がよかったのに」と言う。
私がわざと食べさせてくれないと言わんばかりだ。

そうじゃないでしょ。
便秘がひどいと言うから総合病院の内科を受診したら医者に大したことないって言われてその時に新しく処方されたのがヨーグルト禁の下剤なんだよ。
それに、下剤より便秘に効くヨーグルトなんて聞いたことがないし、そもそもそんなものがあったらみんな下痢して大変じゃないの。
と、やさし~く説明して差し上げた。
ところが、スイッチオンの母は止まらない。
根性の悪そうな目つきをさらに上目づかいにして
「じゃあ、代わりの物を買ってきてよ」と大きな声で叫ぶ。
何がいいのと聞くと「そんなの知らないよ!!」とわめく。
あ~もう。本当にイライラする。
じゃあ、好きにしたらいいよと言ったら
「体に悪いんだったら無理にはいいよ」とプンプンしながら言う。
もうもう、早く完全にぼけてしまえ~と心でののしる娘です。
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村 ←よろしかったらこちらへ

たまげた

日記
08 /13 2014
今日から妹の通所施設もお盆休みで、昨夜から朝はゆっくりにしようと母と決めていた。
いつもより1時間ほど遅く起きて1階に行くと、居間の電気がついている。
さらに食卓の上にはお箸が出ていて妹の大好きなバナナが1本だけ置いてある。
なるほど、妹がいつもの時間に起きて用意をしてしまったんだろうが、姿がないのでまた寝てしまったんだなと思った。

では先に洗濯でもと洗濯機を開けたら何か衣類が入っている。
しかも湿っていて洗剤の匂いがするし、かごにもたくさん入っている。
よく見ると何枚かは部屋の隅に干してある。
????
洗濯し終わった衣類がかごに入っているようなのだが、昨夜寝るときにはそんなものはなかった。
当然洗濯したのは母しかいないのだが、一体いつ洗濯したのだろうか?

しばらくして妹が起きてきた。
遅れて母がこの上ないほどのしかめっ面で起きてきたが、そのまま自室に倒れこんだ。
「なんだかねぇ、死にそうなのよ」と母が言う。
母はタオルと色物を絶対に一緒に洗わないが、すでにその2種が洗ってあるということは洗濯機は2回以上まわっているということだ。
うちの洗濯機は自動で洗うと1回約1時間かかるので2時間はかかる。
朝6時に母と妹が2階で話しているのを聞いているので、4時より前の時間から洗濯を始めたことになる。
そんな早朝から80歳のばあさんが働いていたら死にそうにもなるわな。
本人は洗濯をした記憶はうっすらあるようだが何時から始めたのかはわからないらしい。
あ~たまげた。
こんな思いもよらないことがこれからは当たり前のようにおこるのかしら
恐ろしや~恐ろしや~。
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村 ←よろしかったらこちらへ

まさかの

日記
08 /12 2014
朝になりました。
母は相変わらずのしかめっ面で不機嫌そうに起きてきた。
ほんとに1日くらいさわやかな顔でおはよ~って言えないのかしら、この文句たればあさん。

さて、昨夜のたんこぶについて聞いてみた。
母はきょとんとして何のことやらわかっていない。
左のさ~、眉のところ、ぶつけたじゃんと言うと眉をごそごそ触って
母は「あ、なんかかたくなって膨れとる」と言った。
幸い、あざにはなっておらず外見的には特に変わりはない。

まさかまさかの。覚えてないんすか??
あの~、昨夜あなた階段で転んでピクリともせず死んでおりましたのよ
頭がヘンになったと騒いでおりましたのよ。
こちとら、救急車を呼ぼうか、夜中に急変したらどうしようかと気が気でなかったのに。
まぁ、何事もなかったのは良かったとしても、あーいう風に死んだふりしちゃいかんですよ。
それこそ、本当に死にそうになった時、またかいな~てな具合になっちゃいますよ。

オオカミ少年はオオカミに食べられたんでしたっけ。
お気を付けくださいね~。
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村 ←よろしかったらこちらへ

たんこぶ

日記
08 /11 2014
夕方、慌てて玄関に行こうとして階段を1段踏み外した。
右の臀部を思いっきりぶつけてしまい本当に痛かった。
尾てい骨でも折っていたらと一瞬青くなったが、骨折した時の痛さは経験があるのでそれとは違う。
しかし座るのも階段を上がるのも難儀なほど痛みがある。

出て行けと言ったはずの母はすご~く心配してすぐに医者に行けと何度も言いに来る。
「あんたに何かあったらおしまいなんだよ」とすがるように言う。
いやいや、私は出て行っちゃうんだよ。本当に。ははは。

すると夜になってバッタ~ンと衝撃音。
慌てていくと母が階段の最上段でひっくり返っていてピクリともしない。
母は関西系の血が混じっているので、ちょっと大げさなところがある。
今回もそうか?と疑いながら様子を見るとどうやら最後のステップで足が引っ掛かったらしい。
倒れるときに手が出ず左のまゆの上をぶつけたようだ。
頭ふらふらする?と聞くと母は「なんか頭がヘンだ」と言う。
え~え~。本当かよ。しばらく横になるよう促したが気になることがあるとバタバタ家中まわり始めた。
う~ん。ヘンかもしれんな。
しばらくすると母のまゆの上はたんこぶになっていた。
明日も大げさに騒ぐようならきっと大丈夫だ。
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村 ←よろしかったらこちらへ

ぷっ

日記
08 /10 2014
台風11号が四国に上陸しているようだ。

あの大喧嘩以来、母は妹を抱え込んで自室に閉じこもっていた。
私のことはまるで存在がないかのように完全無視している。
いいよ~いいよ~。そのほうが楽だわ~。

ところが、TVで台風の被害の様子が繰り返し流され始めると母はだんだんそわそわし始めた。
このあたりはまったく関係のないところなんだけど。
私は子供と買い物に出かけるつもりで準備をしていたら妹がどこに行くのかと聞いてきた。
妹が自発的に聞くとは思えないので母が指令を出したのだろう。
買い物に行くと言ったのだが母にうまく伝わらなかったようだ。

満を持して母が登場。
「台風が来たら妹と2人じゃ家におられん」と情けない顔をして言う。
買い物に行くだけだからすぐに帰ると言うと
母は「あ、そうなの…」と拍子抜けした顔をした。
ぷっ。
私が出ていくと言ったことが頭の中でぐるぐると巡っているのだろうか。
出かけるともう帰ってこないと思ったのだろうか。
もはやなんでそんなことになったのかも忘れてしまっているようだ。

母は実は気の小さい人だ。
いつも我ままで偉そうにしているが誰かに頼らないと生きていけない。
「出て行って」といつものように勢いで言ったものの、私が出ていくと答えたものだから頭は混乱してしまったようだ。
少しは肝に銘じて、かわいげのあるおばあさんになってほしいものだ。
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村 ←よろしかったらこちらへ

大喧嘩

日記
08 /09 2014
きっかけは本当に些細なことだった。

子供が出かけたついでにお菓子を買ってきた。
家族みんなにあげるのなら食べてと声を掛けてねと言った。
何しろ言葉足らずの子供でなかなか自分から言わない。
母は「後でいただくね」と答えたのでそれでよかったと思っていた。

ところが、しばらくして私が子供が買ってきたお菓子があるよと言うと
「そんなの知らない」「食べていいって言わないから食べられない」
「あの子はいつもそうだ」「食べてなんて言ったことがない」
と憎々しげに子供の文句を言いだした。
母にとっては孫なのだがどうにも気に入らないのはわかっている。

さすがにカチンと来て、さっき後でいただくって言ったじゃないと言うと
母は「そんなこと言ってない、言うわけない!!」と言い切った。

これではあまりにも子供がかわいそうで、つい大きな声で今度ばかりは許せないと言い返してしまった。
「あんたとあの子はいつも陰でいろいろ言っているんだろうけど…」と母の勢いは止まらない。
なんでそんなに根性悪いのよ、そんなこと言われるなんて思わなかったとちょっと強く言ってみた。

すると母は「一緒に住めない、出て行って!!!」と定型句
そうだね、出て行った方がいいねと初めて私から決別の宣言をした。
いや、本音でもある。だって、きついもん。私は別々に住みたいのだ。
どんだけ大変か母には何もわかっていない。

アルツハイマーだからと受け入れなければならないことはわかっていてもやっぱり限界はあるのです。
今朝も様子がおかしいのでたぶん覚えているのでしょう。
さぁ母はどうするのでしょう。
私は母が謝ったら少しは気分もおさまりそうですが、謝るなんて前代未聞ですから、ま、ないでしょうね。
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村 ←よろしかったらこちらへ

扇風機

日記
08 /07 2014
我が家には扇風機が4台ある。

2010年生まれの山ちゃんは1番若くて元気いっぱい。
我が家のメインステージ=居間で活躍中だ。
2009年生まれの菊ちゃんはタイマーにしなければ動かない。
逆に言うとタイマーなら問題なく動くのでレギュラーとなっている。
2002年生まれのT芝クンはボタンの反応が鈍くて1回押したくらいでは切り替えができない。
かなりの高齢なので仕方のないところだが他の動きに問題はない。
さて、驚いたことに最後の1台は1998年生まれ。
もう会社すらなくなってしまったS洋くんだ。
何と後ろからひもで引っ張られないと首がかっくんと折れたままだ。
首振りもできないが私の部屋で恐る恐る働いている。
残念なことに元気なのは1台だけで、あとはみんな病んでいるのだ。

最近扇風機の経年劣化による発火事故が警鐘されているし、母に買い替えを相談してみた。
何しろ、物が捨てられない性分だがさすがに16年物には危険を感じたようだ。
「そんなに古くないと思っていた」と母。
どうやら人も物も高齢化が進んでいるようだ。
さぁ、母が忘れないうちにYマダへGO!!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村 ←よろしかったらこちらへ

あやうく

日記
08 /06 2014
食事をしながら、母がもぞもぞ口を動かしているのに気づいた。
なんだか食べにくそうにしている。
母に聞いても最初は何もないように言っていたが、実は部分義歯が外れやすくなっていて何度か飲み込みそうになったと言うのだ。
びっくりした。よくぞ大事にならなんだと冷や汗が出た。

母は折り紙つきのケチである。
今回も義歯を治すとなると一体いくらかかるんだろうと懐具合を心配し何も言わなかったようだ。
父の総義歯が5千円ぐらいだったと聞いたことがあったので母に言うと
「5千円くらいで済むの」と念を押すように言う。
医療費は1割負担だからそんなにかからないと言うと
「え~1割負担なの?知らなかった。」とまたまた初めて物語が始まってしまった。
「歯医者だけ?」と聞くので全部と答えると
「整形も?」…だから全部だって
「脳外科も?」……
「え~いつから?」はいっ。ここで私の何かが切れました。

冷房の効いた快適な部屋を後にして、無言のまま地獄風呂のような車に母を詰め込み歯科へGO!
結局、義歯は調整だけで済みお代は880円也。
ほんとに大事にならなくてよかった、よかった。

さて、帰宅した母は心配していた高額負担の不安も消え晴れ晴れとしている。
「で、いくらかかったの?」…880円のくだりが夜も更けるまで続きましたとさ。
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村 ←よろしかったらこちらへ

手探り

日記
08 /03 2014
今日は土曜日だが、妹は月に一度の土曜通所日なので朝早くからいつものように支度を始めた。
母はなかなか土曜日だが出かけるということが理解できなくて、何度も何度も妹に聞いている。
私に何度も聞くとその内機嫌が悪くなることが分かっているのだろう。
これは経験からの記憶で短期記憶ではないのか。
母の脳細胞は全くダメってことではないのだけどダメなところは本当にダメだ。

妹が出かけたので衣類の片づけを手伝うことにした。
手伝うとは名ばかりであまりにも煩雑になっているので見かねてしまったのだ。
すると、「棚に置いたはずのズボンがない」「着る服がない」
「洋服がみんな大きくて着られない」と次々と文句を言いだした。
わかりましたわかりましたと受け流して押入れの引き出しから。
バスタオル、Tシャツ、ズボン…と同じ箱になんでも入っている。
母に同じ物集めを頼んでそれぞれ分けておいてもらった。
しかし途中から何をやっているのかわからなくなって、なんでも同じ山に積んでいってしまった。

棚に置いたはずのズボンは引き出しの奥深~くから発掘された。
大きくて着られない服は母が10㎝以上背が縮んで10㎏以上体重が減ったからで、洋服の大きさは変わってないこと。
引き出しからいったん全部洋服を出して着るものがたくさんあることも証明して見せた。
母は珍しく「よくわかるようになったわ。ありがとう」と言った。

母はプライドが高いのか、それとも頼みにくいのか、あまり助けを求めない。
だから私もどこまで手を出したらいいのかよくわからないことがある。
介護は手探りだ。今日はこんな感じだったが明日は違うかもしれない。
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村よろしかったらこちらへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村 ←よろしかったらこちらへ

uncha

認知症の母を見守りながら生きています